カラー両面8色印刷機による瞬発力が特徴です。

 当社では両面兼用菊全8色印刷機を昼夜2シフトで稼動させており,カラー両面をワンパスで同時に印刷することにより,納期の短い仕事にも対応しています。両面ワンパス印刷では片面ずつ印刷する場合に比べて印刷時間が半分になりますが,さらに片面印刷後の乾燥待ちの時間がなくなるため,印刷から出荷までの時間が大幅に短縮されます。また昼夜2シフトで稼動させているため,ロットの大きな仕事や台数の多い仕事でも素早く対応できます。
 当社の両面兼用菊全8色印刷機は反転型の両面印刷機であり,他の方式の両面印刷機に比べて見当性や安定性に優れ,品質面において優位であります。FMスクリーニングによる高精細印刷も片面印刷機同様におこなっています。

1色,2色も両面ワンパス印刷に対応しています。

 当社では四六全1色+1色両面専用印刷機と菊全2色+2色両面印刷機(反転型)が稼動しています。1色,2色印刷もカラー4色印刷同様に両面印刷に対応しています。

 

四六全版の印刷はカラー4色,2色,1色ともお任せください。

 四六全版印刷機は,4色機,2色機,1色両面機と3種類が稼動しています。B版の定期刊行物などで4色の表紙・口絵,本文2色ページ,本文1色ページと混在するものでも,同時に進行させて納期に対応することができます。

品質保証を第一に考えています。

 当社ではすべての印刷機に濃度計を装備して品質管理をおこなっています。さらに,菊全サイズのカラー印刷機には各々専用の自動濃度管理装置を装備し,品質の安定化をはかっています。全部数で品質的なバラツキのない印刷物をご提供するために,これらの装置を使って印刷濃度を数値管理しています。また,分光色彩計により,特色の色相を数値管理しています。

 

CTP刷版は四六全まで出力可能です。

 四六全版までのサイズが出力可能なCTP刷版出力システムにより,版のローディングから現像処理まで一貫処理しています。
 現在では新しい仕事についてはほとんどがCTP刷版になりましたが,書籍の重版など製版フィルムを使ったアナログ刷版も従来通りおこなっています。


出版物のエキスパートとして。
さらに,商業印刷や事務用フォームなど,多彩なフィールドで
高品質の印刷物をお届けしています。

 横山印刷の仕事を語る上でとくに欠かせないのは,諸橋轍次先生著の『大漢和辞典』です。このような,辞書・辞典をはじめ医書,専門書,学術書などの上製本は,仕事のクオリティーを何よりも雄弁に語ってくれます。
 また事業内容も,営業年数や企業スケールとともに拡大。並製本による参考書関連,地図,実用書,定期雑誌や,ポスター・パンフレットなどの商業印刷,そして事務用フォーム印刷まで,総合印刷会社として,幅広いフィールドで,信頼される印刷物を生み出しています。
 これからは,新しいテクノロジーと,それを使いこなす感性がますます求められるはずです。私たちは,多様化するクライアント・ニーズに柔軟に対応。社会貢献に微力ながら役立っていきたいと考えています。

 

  



http://www.yokoyama-printing.co.jp ©2018 YOKOYAMA PRINTING CO.,LTD